『雄琴大手町商事』の美人ソープ嬢と「社長×秘書」のイメプレを堪能

 
「雄琴に行こう!」のイメージ画像

雄琴に行こう!

ソープランドとは?

一口に“風俗”といっても、その種類は多種多様です。
「箱ヘル」と呼ばれることもあるファッションヘルス、自宅やホテルに女の子を呼んで気軽に遊べるデリヘル、手コキやフェラによるソフトな性サービスのみを提供するピンサロなどがあります。
また最近では、女の子にオナニーしているところを見てもらえるオナクラ、刺激たっぷりなアブノーマルプレイを楽しめるSMクラブなど、マニアックな性癖を持つ男性にピッタリな業種も人気を集めています。

そんな数ある風俗の業種のなかでも、ひときわ濃厚なプレイをロングタイムで楽しめるのがソープランドです。
ベッドの上だけでなく浴室でもプレイが行われることから、「特殊浴場」「個室サウナ」と呼ばれることもあります。
プレイ内容はファッションヘルスやデリヘルで楽しめるヘルスプレイに近く、それに加えてマットプレイや泡洗体といった浴室でのプレイも楽しめます。
また、コースのなかにはプレイ時間が120分を超えるものも多く、時間内であれば何回でも射精可能な点も特徴です。
風俗好きな男性、女の子とエッチなコトをするのが好きな男性なら、必ず満足できる風俗といえるでしょう。

○ソープランドの歴史
そんなソープランドが初めて日本に誕生したのは1951年のこと。
東京・東銀座に開店した東京温泉でサービスが開始しました。
当時は「トルコ風呂」という名前で呼ばれており、中東エリアの伝統的な公衆浴場で行われていた垢すりのサービスをもとに考案されました。
そのため、当初は性サービスの提供が一切行われず、垢すりのサービスのみを提供していました。
しかし、男女が浴室で一緒になるというシステム上、次第に性サービスを開始する店舗が増加。
そして気づけば、「トルコ風呂=浴室で性サービスを提供するお店」という認識が広まっていきました。
そんななか、自国の名前が風俗の名称に使われていることに不満を感じていたトルコ人留学生の訴えにより、1984年、「トルコ風呂」から「ソープランド」に改名されたという経緯があります。

ソープランドは、主に関東を中心に店舗数を増やしていきました。
大阪をはじめとする関西圏では「ちょんの間」と呼ばれる昔ながらの風俗店が残っていたため、ソープランドが流行らなかったと考えられています。
実際に大阪や京都では、現在もソープランドの営業が行われていません。

○雄琴のソープランド事情
とはいえ、関西圏に一切ソープランドがないのかというとそうではありません。
現在は滋賀県・雄琴、兵庫県・福原が関西の2大ソープ街として栄えています。
ここでは、滋賀県・雄琴のソープランドについてお話を進めていきたいと思います。

厳密には“雄琴”という地名はなく、正確には大津市苗鹿3丁目と呼ばれるエリアを指します。
このエリアの一角に30軒近いソープランドが集中しているのが特徴的です。
ここに初めてソープランドが誕生したのは1971年のこと。
第一号店『花影』がオープンし、初日から多くの男性客が足を運んだといいます。
お店の前には長蛇の列ができるほどの男性客が押し寄せ、なかには利用できないまま帰っていく人も少なくなかったようです。
そして、この『花影』のオープンを皮切りに続々と新規店がオープン。現在に至ります。

雄琴で営業しているソープランドは、いずれも提供するサービス内容が個性的。
リアルな痴漢体験をしつつ指名する女の子を選べる『0510鉄道』、20を超えるコスチュームの中から好きなものを指定してイメプレを楽しめる『雄琴メンズ・スパ』、マニアックで刺激的なプレイを演出してくれる独特の玩具が豊富に揃っている『雄琴性龍堂』などがあります。

ほかにも魅力的なサービスを提供するお店が目白押しですが、今回はそのなかから『雄琴大手町商事』をピックアップ!
お店の特徴はもちろんのこと、イチオシのソープ嬢も紹介したいと思います。

美人秘書との“イケナイ関係”を楽しめるお店

『雄琴大手町商事』はソープ街の西部、ゴールデンゲートまたは川筋通りから入ってすぐのところにあるお店です。
その名前から想像できるのではないかと思いますが、ここではオフィスで働く美人OLあるいは美人秘書にエッチなイタズラができるというのが大きな醍醐味。
日頃仕事をしているとき、セクシーかつキリッとしたスーツ姿の女性にときめくこともあるのではないかと思います。
なかにはスラリと伸びる脚に興奮したり、開いた胸元からチラチラ見える谷間に欲情したりする方もいるでしょう。
とはいえ、なんとか理性を保って我慢していることと思います。
「毅然とした態度でテキパキ仕事をこなすOLをアンアン言わせたい」
「誰も入ってこない社長室で秘書と二人っきりになり、エッチなコトをいろいろさせてみたい」
そんな願望をお持ちの方にピッタリのお店といえるでしょう。

また、大衆店に分類されるお店であり、手頃な料金で遊べるのも嬉しいポイントです。
お得な割引キャンペーンが頻繁に実施されており、それを利用すればさらにリーズナブルな料金で遊べます。
サービスの質と利用料金を考えるとこのうえなくコスパが良く、そして確かな満足感を得ることができるでしょう。

愛くるしい瞳がキュートなスケベ秘書

そんな『雄琴大手町商事』には、数多くの“美人秘書”が在籍しています。
いずれの子もトップクラスのルックスを誇る紛れもない美女であり、またエッチなコトに積極的。
モデル級のスレンダーボディ、洗練された持ち前のテクニックを惜しげもなく使い、至福のひとときを提供してくれることでしょう。

そんなソープ嬢の中から、今回は「椎名ゆう」ちゃん(25)をご紹介します。
ゆうちゃんは、くりくりっとしたつぶらな瞳がチャームポイントの小柄なソープ嬢。
愛くるしい見た目をしていますが、服の下にはすべての男性を魅了する悩殺ボディが隠されています。
形・サイズともに程よいバランスの美乳、細く引き締まったセクシーなくびれ、思わず目がいってしまうほど綺麗な美脚。どのパーツも極めて高い完成度を誇ります。

また、ゆうちゃんはおっとりした雰囲気をかもし出す“癒し系美人”ですが、プレイが始まるとエロスイッチ全開にしちゃうドスケベさんでもあります。
すべすべのお肌を密着させつつ、敏感な部分をねっとり責めるのが彼女の持ち味。
特にねっとりフェラは絶品で、亀頭から根本までを卑猥な舌使いでゆっくり舐め回したり、口の中いっぱいにチ○ポを頬張りつつ舌を絡ませたり、さまざまな責めを披露してくれます。
チ○ポを咥えながらの上目遣いをされようものなら、さらに興奮が何倍にも膨れ上がることでしょう。
その一方で、責められるのも好きというオールマイティーな彼女。
特に膣中やクリトリスは感じやすいらしく、優しく刺激してあげるとじんわり愛液が溢れ出してきます。
顔を赤らめ、必死に声を我慢している彼女の姿も要チェックです。

そんな彼女は、どちらかと言えば「イチャイチャ秘書タイプ」とのこと。
「社内では隠しているが実は恋愛関係にある」「妻に内緒で愛人関係にある」といったシチュエーションで楽しんでみてはいかがでしょうか。
恋人気分でイチャイチャしたい方にオススメです。

雄琴のソープランド情報は「雄琴ソープガイド」でチェック

『雄琴大手町商事』、そしてここに在籍する“美人秘書”の情報をゲットしたい場合は、お店の公式ホームページを見るのが一般的です。
ただ、もちろんそれでももちろんいいのですが、雄琴ソープ専門のポータルサイト「雄琴ソープガイド」をチェックするのもオススメ。
このサイトでは、『雄琴大手町商事』はもちろんのこと、雄琴で営業しているソープランドの情報が豊富に掲載されています。
各お店の特徴やセールスポイント、お得な最新情報をまとめていたり、雄琴で最も人気があるお店やソープ嬢をランキング形式で紹介したりしています。
また、女の子たちが日々更新している「写メ日記」「自撮り」、女の子たちの素顔に迫っている「10問10答」といったコンテンツも豊富に用意されています。
雄琴で自分好みのお店を探すのに便利なサイトなので、頻繁に雄琴でソープ遊びをする方、近々雄琴のソープランドを体験しようと考えている方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。